浄化槽の大きさを表す表記として「〇人槽」というものがあります。

家庭用浄化槽の大きさで最も小さいものは5人槽、大きいものでも10人槽が一般的です。

これはその家庭で浄化槽を使う人数とは関係なく、敷地の延床面積で変わります。

延床面積が130平方メートル未満の場合は5人槽、130平方メートル以上の場合は7人槽、2世帯住宅で両方にトイレ・風呂がある場合は

10人槽の浄化槽を設置することになります。

事業用の浄化槽はこれよりも大きなものが多く、100人槽を超えるものもあります。