熱中症予防

 

新型コロナウイルス対策としてマスク着用が推奨されていますが、梅雨入り以降は暑くなる日が多く、

マスクを着用し続け喉の渇きを感じにくくなることによる熱中症のリスクが高まります。

こうしたリスクを低減するため、屋外作業を行う際にソーシャルディスタンスを守れる場合、

マスクを外して作業を行わせていただきます。

お客様におかれましても、熱中症にはくれぐれもお気をつけください。